Monthly Archives: 5月 2017

☆海賊ライチ リリース速報☆

image1_4.JPG

和田怜士の通算11作目。ライヴ盤としては3作目となる『遅れてきた孤高の台頭』が完成。

2017.5.27.wed 扇町para-diceで行われたライヴの模様をオーディエンス・レコーディングで完全収録。

1.未来へ
2.ロックンロール・スター
3.ここで待つもの
4.バタフライ
5.果物をてんこ盛った巨大なケーキ
6.紙吹雪舞う
7.ガガーリン

2017.7.27.THU  ON SALE(¥500)


素晴らしいライヴ盤を

image1_3.JPG

⬆︎photo by S.NAKAHARA

先日のライヴの模様はしっかりレコーディングしてある。

家で何度か聴いてみたが、やはり、ミスが多い。歌詞も所々間違えてるし、声の調子もさほど良くない。が、しかし、が、しかし!

迫力について言えば、「LIVE」の倍、「COMPASS」の4倍。気迫の違いが声に表れていて、多少の調子の良し悪しなんてどうでも良くなる。そして何より、ギターの音が素晴らしい。「ベーシストがいるんじゃないか?」ってくらい、低音が効いている。

最後の曲を演り終えて、会場が明るくなる。すると、誰が言ったか知らないが、客席から「最高っすわ」という声が聞こえた。

同じライヴは二度とできない。これを闇に葬るのはあまりにもったいない。

ただちに、新たなライヴ盤の制作を開始する。


転がり始めた人の輪

image1_2.JPG image2.JPG image3.JPG

<写真上>「音楽は人」の名言でお馴染み、カミナリボルトの中原さん(左)。「どうも、佐野元春です」でお馴染み。日本のキース・リチャーズ、バニー・マツモロさん(右)と。
<写真中>海賊ライチ所属を希望して下さっている西宮のロックンロール・マン、寺西建二さんと。
<写真下>ギブリンと私。

昨夜は、扇町para-diceでライヴだった。

<セットリスト>
1.未来へ
2.ロックンロール・スター
3.ここで待つもの
4.バタフライ
5.果物をてんこ盛った巨大なケーキ
6.紙吹雪舞う
7.ガガーリン

確実に「これが俺だ」というのを掴んだ。

色んな人が観に来てくれて、少しずつ事が動き出しているのを感じた。

ライヴ後、ライヴハウスの人に「とにかく、音楽で、曲で勝負します」と言い切った自分がいた。


『紙吹雪舞う』について

誰も彼もが、「人間、諦めたら終わり」みたいなことばかり言ってるけど、「人間、諦めが肝心」とも言うし、実際、諦めて初めて見えてくるものもあると思う。

仏教の世界では、「「諦める」とは「明らかにする」ことである」という教えがあるらしいし、ジョン・レノンは、「答えは探すのをやめた時に見つかる」って言ってる。

新曲『紙吹雪舞う』は「諦めること」と「諦め方」について歌っております。
紙吹雪は、諦めた瞬間に感じるもののことです。

聴けばわかってもらえると思うけど、この曲。歌い出した時には、完全に隅に追いやられていたものが、中盤の「紙吹雪舞う」を合図に一気に表に迫り出してくるような感じがあります。

ミラクルです。

たまには天才呼ばわりされても良いんじゃないか?俺。

アカンか…。


新曲『紙吹雪舞う』

image1.JPG

美しいメロディーがある
僕の全て
全て君のもの

信じられるかい?
綺麗な物語が
路地裏で語られている

ずっと君だけのものでいい
僕は歌うたい
ただの歌うたいじゃない

「無我夢中」を絵に描いたような言葉で
僕の全て
捨てて
君を愛そう

信じられるかい?
綺麗な物語が
屋根裏で嗤われている

ずっと君だけのものでいい
僕は歌うたい
ただの歌うたいじゃない

紙吹雪舞う
紙吹雪舞い 悪い夢を終わらせる

信じられるかい?
綺麗な物語が
路地裏で語られている

ずっと君だけのものでいい
僕は歌うたい
君の歌うたい

ずっと君だけのものがいい
僕は歌うたい
ただのバタフライじゃない