プロという名の衣装

「お客さんを呼んで、時間とお金を使わせてるんだから俺はプロだ」というのは以前にも書いたし、これからも書き続けるだろうと思う。なぜプロという言葉にこだわるようになったのか。責任感を持って音楽やりたいからというのはもちろんな...

新作イラスト

というわけで、久々に描いてみた。と言っても一から新しく描いたわけではない。以前描いた『ポートレート(自画像)』というのがものすごく未完成な感じがしていたので、細かく修正して、大幅に描き加えて、上下逆さにして、全くの別物と...

水を得た魚

⬆︎お馴染みの代表作『女帝の心臓』 随分長いことイラストを描いていない。 イラストを描くのは曲を作るのと同じくらい好きなんだけど(どちらが楽しいかと言えばイラストを描くことの方が楽しい。曲作りは「仕事」だからね)、発表の...

閃くままに

最近は、面白いアイデアが閃いたら即行動に移すことを心掛けている。 最初は〇〇ゴッコで良い。っていうか、ゴッコだからこそ楽しいし、楽しいからこそ継続できて、継続しているうちにゴッコではなくなる。海賊ライチrecordsを立...

硝子に刻む言葉

「傷つきやすい人=繊細な人」ではないと思う。 今まで生きてきて、繊細な人を何人か見てきたが、繊細な人に限ってタフに見えた。強そうに見えた。本当に繊細な人は、繊細だから、人一倍人に気を使わせたくないという気持ちが強い。だか...

あきなっておくんなはれ

元春さんのライブの時、グッズ売り場を見て色々と考えていた。 去年と全く同じ物が並んでいる。コースターって需要あるか?どれもこれもデザインがイマイチ。特にTシャツは酷い。基本的にアルバムジャケットをプリントしてあるだけで、...