Monthly Archives: 5月 2015

笑いたきゃ食え

20150522_155422.jpeg

生理的に、ストーンズのニューアルバムとうまい棒の新作は無視できない。

うまい棒の「やきとり味」が出た!

食ってみたら10点満点中2点であった…。これはアカン!

味の無いうまい棒を焼鳥のタレ的なものに漬けただけーである。

でも、私と同年代の奴らには是非とも食って欲しい。

100%笑えるから(笑)


信仰の理由

20150518_220858.jpeg

「言いたいことが言えない」これが私のパーソナリティだ。

「一憩ってどんな人?」と訊かれたら、「言いたいことが言えない人」と答えてくれりゃいい。

人知れず怒りが積もっていく。私に怒りの感情が無いと思ったら大間違いだ。

本当にイライラする時には、これを聴くしかない。これしか効かない。

私は言いたいことが言えない人間だからロックが手放せない。ただそれだけのこと。

言いたいことを言いたい放題言ってるような奴にロックンロールがわかるわけがない。

ロックはやかましい?

馬鹿野郎。

お前らの方がずっとやかましいよ。


チェリー

毎日同じコンビニで煙草を買ってると、店員がレジに立った私の顔を見るやいなや私の吸っている煙草に手を伸ばして「で、今日は何箱ですか?」みたいな顔をすることがあって、激烈にイラッ!とくる。

あまりにイラッ!ときて、全っ然欲しくない煙草、チェリーを買って帰ったことが何度かある。


博打のススメ

見え方、感じ方は人それぞれで、誰もが自分と同じように物を見ているわけではないし、感じているわけではない。でも、他人と上手くやっていこうと思えば、どうしても自分の見え方、感じ方にアレンジを加える形で他人の見え方、感じ方を読んでいかないといけないのは事実で、この読みには「ある程度の間違いは仕方がない」という観念が要る。「自分は自分。他人は他人」などと、簡単に割り切れるものではない。あくまで「自分」に基づいた想像力が無いと、対人関係なんて上手くやっていけるわけがない。対人関係というのは、徹頭徹尾、想像力の問題で、乱暴に言えば、いかに上手く予想できるかの問題だと思う。

たかが予想。されど予想。

ただ、ごくたまに、予想なんて面倒なことの一切をやめて、「自分は自分。他人は他人」だとあえて割り切って、「本当のところはどうせわかりゃしないんだから」と全てを成り行きに任せた場合に、対人関係に於いて自分の首を絞めていたのは自分だったんだということに気付かされるような真っ白な空間にポンと放り出してもらえることがあったりもする。

ところで、私、常日頃思うに、思考回路というものは時計と同じ形をしている。始点に於いて針は9時の方向を指していて、その人が物を考え始めると時計回りに回り始める。そうして考え始めて、一番クリアで正解な面白い発想が浮かぶのは針が180度回転して3時の方向を指している時。ここから先は早くも「考え過ぎ」の領域。よせばいいのに深入りに深入りを重ねた結果、針が360度回転して再び9時を指している時の発想ほど不毛なものはない。ま、私はこれを年がら年中、性懲りも無く繰り返しておるわけだけれども…。

予想し過ぎることの無意味。
分析し過ぎることの無意味。
考え過ぎることの無意味。
博打打ちなら誰でも知っていることなのではなかろうか。