Monthly Archives: 10月 2014

歩く努力

面白い大人というのは、まず間違いなく不良だ。いい歳をして不良でないというのは恥ずべきこと。はっきり言ってただの努力不足だ。

大人の不良は歩く努力だ。


祝*CS制覇

よっしゃあ~!!阪神タイガース、巨人に4連勝でクライマックスシリーズ制覇!
私の好きな西岡、ゴメス、福原の3選手も活躍したし申し分なし!
このまま行くぜ日本一!

20141020-041501.jpg


ワクチンの原理

インフルエンザの時期が近づいている。ということはつまり予防接種。ワクチンの原理を思う時期。

世の中の毒にやられたくないのなら、自分の中に毒をたくさん持っておくべきだと思う。

頭のてっぺんから足の先まで、全身を毒で満たせたらそれはそれで純粋ーってことになるらしい。世の中には、完全に真っ黒なものを「透明」だと捉える、私のような者にとっては実に都合の良い人達が多々いる。


グズグズとの対比

20141009_121808.jpeg

どちらかというとマーシーが好きだ。中学の頃、自分のギターのストラップにマジックで「真島昌利」って書いた覚えがある。

しかしまあ、この二人に比べて、その辺の大人のいかにグズグズなことか。
ほんの僅かな踏み誤りでグズグズになってしまうというのが、人が歳を重ねるということで、特に男は、98%の確率でグズグズになってしまうんだからやってられない。


純度120%

20141009_121109.jpeg

一昨日、梅田のタワレコに行ったら、この二人のパネル展が催されていた。

ヒロト51歳、マーシー52歳。本当にカッコいいおっさんになったなあと思って感動して、シャッターを切った。

私はこの二人の音楽の猛烈なファンというわけではない。ただ、この二人の存在、佇まい、歳の取り方が大大大好きなのである。ロックが好きなら、この二人の潔さ、何をやっても嘘のない感じは理解できるだろうし、好きになって当然だと思う。絶対に信用を裏切らない。

いつか必ずライブを観てみたいと思う。人生観がちょっと変わるくらいのものがあると思う。

日本にも「ロックンロール・スター」は何人かいるみたい(私が認めるかどうかは別として)だけど、ただひたすらに「ロックンロール」なのは、忌野清志郎亡き今、甲本ヒロトと真島昌利だけだと思う。

何事も純度の問題である。


机の下 2

目上の人が手にしたグラスに酒を、例えばビールを注ぐ際、マナーとしてはラベルを上にするというのがある。でも、一体何の為にラベルを上にするのか。そんなに銘柄を知りたきゃ自分で調べろという話で、こんなものはマナーでもなんでもない。ただの形式。くだらないったらありゃしない。そんなことより、目下の者が目上である自分のグラスに酒を注ごうとした際に、ただその行為、気遣いに対して、気疲れを察して、「そんなことせんでもええんよ」と優しく笑って言ってやれるのが本当の品であって、マナーだと、私は思う。


机の下

何をどう上手く言えたところで、態度が偉そうだったら0点だと思う。

いかに謙虚な言葉使いであっても、机の下で脚を組んでたら0点だと思う。

目上へのマナーがあるのなら、目下へのマナーもあると思う。
目上へのマナーについて書かれた本はコンビニでも買えるが、目下へのマナーについて書かれた本はコンビニでは手に入らない。

人の「品」について正しく書かれた本がコンビニなんかで手に入るはずがない。