『モーリーズ・リップス』について

image1_16.JPG

今現在、私がライヴで披露している唯一のカバー曲『モーリーズ・リップス』は、英グラスゴーのバンド、ヴァセリンズ(写真)が書いた曲である。

ヴァセリンズは、活動中はさほど評価の高くない、知る人ぞ知るインディーバンドだったのだが、解散後、カート・コバーンが「世界で一番好きなバンド」と言い、カバーしてから一気に再評価された。

私が初めて聴いた『モーリーズ〜』は、ニルヴァーナがカバーしたやつだった。一度聴いたら忘れられない、激烈にキャッチーでポップなメロディーに驚いた。そして、これは是非とも歌ってみたいと思い、ギターでコードを拾ったら、コードを2つしか使っていないことが判明してさらに驚いた。コード2つでこのメロディー!?と思って感動した。で、それからずっと、今に至るまで、私がソロライヴで演る唯一のカバー曲として君臨し続けている。

2009年にヴァセリンズが再結成して、サマソニに出演した時、私は会場にいた。『モーリーズ〜』は会場を揺らさんばかりの大合唱になった。あんな大合唱を観たのは、聴いたのは、オアシスのライヴ以来だった。が、私が演ると、演るたびに「知らん」って言われる。「ヴァセリンズのカバー」って言うてもわからんやろから、「ニルヴァーナのカバー」って言うたら、「ニルヴァーナ?知らん」って言われた。

日本でロックを生業にするのは至難の技である。


One reply

  1. ご近所みみねこ より:

    おっ!これ好いにゃ~。
    みみねこちゃんも、うたっちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。