Monthly Archives: 12月 2014

when i’m sixty-four

やはり、「あっという間」の「あ」の字もない、クソ長い一年だった。

子供の頃から、年の終わりに「あっという間だった」なんて思ったことがない。一度たりともない。クソ長い一年を37回も繰り返してきた。

実質、私はたぶん、64歳くらいだ。音楽の趣味からして、ビートルズが好きだったり、ストーンズが好きだったりして、60代丸出しなんだから。


転がる三段活用

20141224_140107.jpeg

「ロックンロールの曲で一番好きな曲は何ですか?」と訊かれた場合に即答するのはなかなか難しいことである。ロックンロールが好きな奴であればあるほど難しいと思う。なにしろ、何百何千という数の曲を聴いてきた奴らであるから、一曲を選べということ自体が無茶といえば無茶な話なのである。ところが私は即答できる。

「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」だ。泣く子も黙るザ・ローリング・ストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」だ。これを越えるロックンロールチューンはないと断言できる。

理由?訊くな。

訊く暇があったら聴け。

たまには俺の言うことを聞け。


メトロノームでチッ!チッ!チッ!

以前できていたことができなくなっている自分がいる。

以前できなかったことができている自分がいる。

以前勝てていた奴に負けている自分がいる。

以前負けていた奴に勝てている自分がいる。

その時々の必要に応じてアホほど素直に変化を繰り返している自分がいる。でも、どう変化しても、常に「一長一短」が付きまとう。


BJCを聴きながら

昔は「どんな音楽が好きなんですか?」との問いに「ロック」と答えていた。いつからか「ロックンロール」と答えるようになった。

それはたぶん、「ロック」と答えるよりも「ロックンロール」と答えた方が重症な感じがして、私という存在を早々に諦めてくれるような気がしたからだと思う。別世界に生きる人間として、放っておいてくれそうな気がしたからだと思う。

だって、死ぬほど好きなものについて懇々と説明することほど面倒臭いものはないんだから。


溺愛と信仰

言葉とメロディーとリズムと。

例えば、文学って音楽そのものだと思う。絵画だって音楽だと思う。人間関係だって、突き詰めれば、音楽だと思う。

死ぬほど音楽が好きで、音楽についての分析力と吸収力が人並み以上なら、社会的にも、大概のことは、ある程度できるはずだと思う。

頑張れバンドマン!

俺はアンタらの自信のなさが愛おしくて大好きなんだけれども…大好きなんだけれども、アンタらは、ホントは、自分が思ってるよりもずっとずっとできる人間だと思うぞ。

我々には音楽が憑いている。


変態観測

思えば、18の時から1日たりとも酒を絶ったことがない。途中、気管支炎やインフルエンザを患ったりしたが、その時も酒を絶たなかった。「呑めば治る」くらいに思っていた。

思えば、思い出せないくらい昔から1日たりともロックンロールを絶ったことがない。1日に一度は必ずロックンロールを聴いてきた。生きるということについて何が何だかさっぱりわけがわからなくなって自暴自棄極まっていた時にも、ロックンロールを聴くことを忘れることはなかった。「聴けば治る」くらいに思っていた。

ところで、酒を呑みながら聴くロックンロールとシラフで聴くロックンロールとでは、同じロックンロールでも聴こえ方が全然違うことを皆さんはご存知だろうか。シラフで聴くロックンロールがただの音楽なら、酒を呑みながら聴くロックンロールはただの音楽ではなく、別の次元へと昇華されたもの。言うなれば、細胞レベルにまで浸透する麻薬なのである。これはつまり、人間の感受性にも毛穴的なものがあることを意味している。つまり、酒を呑むことで感受性の毛穴が開き、そこにロックンロールが怒涛の如くに流れ込むということ。気持ちいいに決まっている。これは、「軟膏は入浴後に塗ると効果が増す」というのと同じ理屈である。では、この麻薬をやり過ぎるとどうなるのか。やり過ぎることをやり続けた人間の末路はいかなるものなのか。私が我が身をもって皆さんの前に提示いたしましょう。でも、たぶん、きっと、そんなに悪いものにはならないーというのが私の希望的観測である。