庶民、その駄目パターン

生理的に受け付けない、死ぬほど嫌いなテレビ番組がある。

NHKの「のど自慢」である。

あの、むやみやたらにピースサインを繰り出す、病的にテンションの高い出演者たちのノリが全く理解できない。気持ちが悪い。人が歌っている時、特に番組の後半でプロの演歌歌手が歌っている時、後ろにいる奴らが皆、リズムに合わせて左右に揺れている。あれが我慢ならない。観ていて恥ずかしくて手が震える。テレビを破壊したくなる。

私は「笑点」も嫌いだが、あれはただなんとなく心寂しくなるから嫌いなだけで、テレビを破壊したくなったりはしない。「のど自慢」はアカン。ホンマにアカン。歌ってる奴らが病気なら、それを応援しに来ている、何故かはっぴを着て横断幕を掲げている酔っ払いのような人たちも病気にしか見えない。

番組名を「末期!平和ボケ庶民の狂乱」に変えてくれるのなら、観る角度も変わるし、毎週欠かさず観るんだけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。