Monthly Archives: 9月 2012

天才降臨

120930_1745~01.jpg

ね?だから言ったでしょ?俺はジャケ買いの天才だって。

一目見て、このジャケットにピンときた。裏ジャケにもピンときた。悪いはずがないと思った。KTタンストールの『ドラスティック・ファンタスティック』

聴けば聴くほど味の出る、デジタル臭皆無の渋いロックンロールアルバムである。メロディーも音もすごく良くて、中毒性がある。タンストール嬢はまだ若いのに、早くもロックンロール姐御の貫禄を備えた、ハスキーボイスの美人である。

1、2、4曲目が特にオススメであるが、アルバム全体を通して流れが良くて、捨て曲がない素晴らしいロックンロールアルバムである。

「ふ〜ん」じゃなくて買って聴け。たまには行動に移せ。運が良ければ、BOOK・OFFの¥250コーナーか¥500コーナーで売ってる。

250円くらい出せ。500円くらい出せ。貧乏か。


蛇視眈々

月の終わりの台風―今日は完全に観念しきって、大人しく部屋に閉じ籠もっている。心境としては、洗車機の中でジッとしている車である。

明日から10月―今年もいよいよ終盤戦に突入する。ここからの3ヶ月が勝負である。その前に、こうして台風が来て、洗車機の中でジッとしている車の心境を味わえているというのは、気運的に、気運の流れ的に、何かとても幸先の良いものを感じる。先日、家の裏の川の堤防で、デカい黒蛇を見たところだし、総じて、幸先の良いものを感じる(私は巳)。

奥歯に闘志を噛み締めて、台風が行き過ぎるのを待つ洗車機中の蛇。


投げっぱなし

今や「打てるものなら打ってみろ」とも思わない。私の球を打てるバッターなどいないに決まっているからである。私は、はなっからバッターなど相手にしていない。私とキャッチャーの間に邪魔者はいない。私はただ投げればよろしい。一球入魂。これでも喰らえ。心を込めて投げればよろしい。

最大の問題は、私の球を受けられるキャッチャーがいないということである。


Tax

毎月の給料から色々と差し引かれるように、「伝える」ということも、意志や情熱も、相手に届く頃には、色々と差し引かれている。だから、過剰でいい。

本当に伝えたいことは、過剰でいい。相手に伝わる頃には、色々と差し引かれて、ちょうどいい感じになっている。


歩く背水の陣

ゆとりも、余裕もいらない。

ずっとギリギリでありたい。

私という人間は、戦意ありきだ。

正直、全っ然勝てないけれども、戦ってる間は、負けることもないから、ずっとギリギリでありたい。

歩く背水の陣でありたい。


心に球児を

何事も全力でやって、ようやく、人並みだと思っている。

結果がどうであれ、全力でやれたことについてはいちいち納得がいくけど、分不相応に省エネ的なやり方をした場合には、結果がどうであれ、いちいち納得がいかない。

毎回、自分の持っている最上のものを出し切って、毎回、これが最後だと思って、やる。

「明日があるさ」的な考え方は微塵も念頭にない。そんなことを思っておったのでは、勝てるものも勝てない。

見よ!藤川球児のストレートを。

何事も全力でやって、ようやく、人並みだと思っている。


隣のゾンビ

いじけきることを、拗ねきることを、「腐る」とも言う。

腐りながらにして生きている人間―要するにゾンビだ。

若いゾンビはまだ見れるが、歳とったゾンビは見るに耐えない。

リアルか、リアルでないかの差だ。

いい歳をして腐ってるというのは、リアルで、笑うに笑えない。

ゾンビは、演じるものであって、なるものではない。

いい歳をした人間がゾンビを演じている。「演じている」と思っているのは当人だけで、周りの人間から言わせれば、彼(彼女)はただただ普通に、物理的に腐っている腐敗体でしかないのに、年老いたゾンビは、自分はゾンビを「演じている」と信じ込んで疑わない。

でも、ゾンビはゾンビで、腐っているものは腐っている。


リスペクト雅 雅リスペクト

0030.jpg

かつてこの男は、嫁はんの実家へ行き、嫁はんの父親の目をジッと見据えて、「娘さんと結婚させてください。」と言った後で、こう言い放ったらしい。

「僕が娘さんを幸せにできるかどうかはわかりません!でも、僕が幸せになる自信はあります!」

私は、この男が言い放ったこの言葉が昔から大好きである。私が、生理的に好きなタイプの言い回しなのである。

―リピート

「僕が娘さんを幸せにできるかどうかはわかりません!でも、僕が幸せになる自信はあります!」

最高だと思う。でも、この言い回しの何がどう最高なのかはわかりません!


輝け!神秘十字

120926_0317~01.jpg

先日の記事で、私の職場に手相を見ることのできる先輩がいるという話をしたが、その先輩がこの本を貸してくれた。

私は、手相みたいなもんはみんな同じようなもんだろうと思っていたのだが、これが大間違いで、人によって全然違うということを知って、一気に興味を持つようになった。しかも、左手の相に至っては、刻一刻変化し続けているというのだから、私に手相について色々と教えてくれる先輩が非常に面白い人だということも相まって、今や興味津々なのである。

さて、この本によると、私の左手に克明に刻まれている線は、「不思議ちゃん線」「ユーモア線」「早熟線」「神秘十字」「呼吸器注意線」の5つであった。

まず、「不思議ちゃん線」については、私が、これまでの人生に於いて、様々な人たちから「謎」の一言で片付けられてきたことを思えば無理もないし、また、知り合ってまだ半年しか経たない先輩が、「まんまやん」と言って太鼓判を押してくれはったから、まず間違いないんだろうと思う。そして、「ユーモア線」については、不思議ちゃんにユーモアがなかったらどうにもならん。ただの友達のいない寂しい人になってしまうから、これは死活問題として絶対に消えてもらっては困る線。それから、「早熟線」については、35にもなって早熟もへったくれもないだろうとは思ったのだが、もし、私の寿命がめちゃくちゃ長ければ話は俄然変わってくるわけで、でも、私は生命線がめちゃくちゃ短い上に、「呼吸器注意線」持ちでもあるので、やはり、ただただ悲しいだけの線であるかと思われる。

というわけで、私が気に入っている線は、「神秘十字」のみである。これは、左手のど真ん中に十字があるというもので、本によると、これがある人は、直観力にすぐれており、神聖なものや美しいものを人一倍感じとれて、平凡なことでは満足せずに、常に新しい夢や理想を追い求めて行動する―とある。

私は、シーチキンさえあれば飯が食えるし、神秘十字さえあれば生きていけるのである。


ザ・ローリング・ストーンズ!!

120923_1110~01.jpg

朝から酒飲んで、こいつを爆音で聴いて踊り狂ってる俺はまだまだ大丈夫っ!

キースのギターにチャーリーのドラムが絡んだら、もうその時点で勝負アリ。ノックアウト!

ロックンロール―世の中にこれ以上のものはない。

ジャンピン・ジャック・フラッシュ!

ありとあらゆることが、ただただめんどくさい!!